まず、どのようなものに希少価値が付くのか、ということですが、単純に数が少ない物、作られた年数がかなり古い物ということになります。

例としてどのような貨幣が価値が高かったのか、ということを挙げて行きたいと思います。まずはベルギー王のレオポルド1世が描かれた、100フランロイヤルウェディング大型金貨です。この金貨は482枚しか発行されておらず、100万円以上の値段がついて当然の代物です。しかし、500枚近くであっても、それなりに広く流れており、オークションサイトや通販サイトなどで販売をされている可能性もなくはありません。もしかしたら、100万円よりも低い値段で売りに出されている可能性もあり、そこまでお金を持っていない方であっても、なんとか捻出して購入することだって難しくはありません。そして、価値を知っている人に売りに出せば、かなりの利益を上げることができるでしょう。

次は、ガイウス・ユリウス・カエサルが象られた銀貨です。世界史で習ったことのある偉人が描かれたこの金貨は、2010年のオークションにて1760万円もの値段を叩き出したことで、その道では非常に有名です。これを入手するのは非常に困難ですが、貨幣によってはこのような値段が付けられる可能性がある、ということを知っておきましょう。

どんなものに希少価値がつくの?