アンティークコイン、というものをご存知でしょうか。古い貨幣で日本国内で最も有名な物と言えば、ギザ10ですね。製造時期が違うと言うことがはっきりと分かるぎざぎざが周りに彫られているのが特徴的なギザ10は、普通の10円とは違って10円以上の価値があると言われています。

そのような、古いことを理由に価値が付随している貨幣のことをアンティークコインと言います。先ほども述べた通り、日本にも存在はしていますが、日本の貨幣製造はここ100年程度の歴史ですので、そこまで大きな価値はありません。しかし、海外に目を向けると何百年も前の貨幣があり、それらのアンティークコインには1000万円以上のとんでもない値段が付けられることもあります。

しかも、貨幣は数が限られていますし、年数が長くなれば長くなるほど価値はどんどん向上します。つまりは、アンティークコインを持っているだけで、資産が毎年上がっていくということが言え、最近ではアンティークコイン投資なんて言葉が作られるくらいに、資産運用の方法として注目されています。もしもお金がたくさんあるのならば、ぜひともアンティークコイン投資を行うことをおすすめします。場合によっては100万円以下の値段で購入したアンティークコインも、将来的にかなりの値段になる可能性がありますよ。

ただ、アンティークコインについては素人の方も多いことでしょう。どのようなものに希少価値が付くか、偽物はどうやって見分ければいいか、どこで手に入るのか。これらは基礎の中の基礎ですので、しっかりと押さえておきましょう。

アンティークコインは種類で値が違う